UQモバイルへの乗り換え手順を分かりやすい解説 お得なキャンペーン情報も!

UQモバイルへの乗り換え手順を分かりやすい解説 お得なキャンペーン情報も!

▼UQモバイルの申し込みはコチラから▼

https://manedia.jp/2bs9

UQモバイルへの乗り換えは、オンラインから簡単に行えます!

今ならau・povo以外から乗り換えるともれなく

最大10,000円分相当のau PAY残高がプレゼント!

新規契約でも3,000円相当がもらえます。

UQモバイルはau回線の格安SIMで、料金プランは3種類に分かれています。

  • くりこしプランS+5Gは3GB・月額1,628円
  • くりこしプランM+5Gは15GB・月額2,728円
  • くりこしプランL+5Gは25GB・月額3,828円

auやpovoからUQモバイルへ乗り換える方法

引用)UQモバイル公式HP

auや新規受付終了済みの旧povo・povoからUQモバイルへ乗り換える場合は、ドコモなどの他社以上に手軽な乗り換え「番号移行」ができます。

ただしpovo2.0の場合のみ、一部仕様が異なるので注意が必要です。

乗り換えに必要なものは本人名義のクレジットカード

auやpovo1.0からUQモバイルへ乗り換えるときは、基本的に本人名義のクレジットカードを用意するだけでOKです。

MNP予約番号は、povo2.0からの乗り換えのみ必要

povo2.0から乗り換える場合は例外として、記事後半の他社から乗り換える場合に必要な「MNP予約番号」も必要になることにご注意ください。

povo2.0のMNP予約番号は、公式サイトの「解約・他社へのMNP」ページから発行できます。

auやpovoからの乗り換えは契約事務手数料や違約金が不要

違約金やUQモバイルの契約事務手数料は、一切かかりません。

なお乗り換え前のauやpovoのプラン料金やオプション料金は満額請求、UQモバイル側は日割りとなります。

auやpovoからUQモバイルへ申し込む手順

auやpovoからUQモバイルへの乗り換えは、公式オンラインショップからすぐに行なえます。

▼▼UQモバイル申し込み▼▼

https://manedia.jp/2bs9

SIMカードの乗り換えを例に、手順を解説します。

引用)UQモバイル公式HP

オンラインショップの「SIM」項目で、契約方法の画面が出てきたら「au/povo1.0から乗り換え」を選びましょう。

povo2.0からUQモバイルへ乗り換える場合は基本的にドコモなどからの乗り換えと同じ手順になるので、記事後半の説明をご覧ください。

引用)UQモバイル公式HP

続いてauIDでログインをしたら、あとは住所・氏名・支払い方法などを画面の指示に従って登録、本人確認書類をアップロードしましょう。

手続きを終えて審査が完了すれば、SIMカードが自宅に発送されます。

SIMを受け取ったら、最後に回線切り替えを行う

SIMカードが自宅に届いたら、回線切り替え手続きをしましょう。

引用)UQモバイル公式HP

オンラインショップの手続きページを開き、「UQ mobileのお客さま 新規契約・他社およびau・povo1.0・povo2.0から乗り換え」項目を選んで手続きを始めましょう。

引用)UQモバイル公式HP

画面の指示に従って注文番号またはauIDと契約時に登録したパスワードを使ってログインし、注文履歴画面の「回線を切り替える」ボタンを押せば新しいSIMが使えるようになります。

あとはSIMをこれから使うスマホに入れて、APN設定をすればUQモバイルを使い始められます。

ドコモ・ソフトバンク・楽天モバイルなどからUQモバイルへ乗り換える方法

乗り換えに必要なもの|MNP予約番号の発行が必須

ドコモなどの他社からUQモバイルへ乗り換える場合は、準備物が3つ必要です。

  • 本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード
  • MNP予約番号

オンラインショップから契約する場合は、以下の8種類から本人確認書類を選べます。

  • 公安委員会発行の運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証
  • 療育手帳
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 在留カード

eSIMで契約する場合など、スマホでの本人・書類撮影による本人確認をする場合は以下の4種類から選びましょう。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

本人確認書類と現住所が異なっている場合は、発行から3か月以内の補助書類4種類からいずれか1つをセットで用意しましょう。

  • 電気、ガス、水道などの公共料金領収証
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書
  • 行政機関が発行した領収証

そしてドコモやソフトバンクなどから乗り換える際は、MNP予約番号が必須です。

大手キャリアのMNP予約番号発行窓口
受付時間 手続きの手順
ドコモ 24時間 My docomoの「お手続き」→「解約・その他」→「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」
ソフトバンク 9時~20時 My SoftBankの「設定・申し込み」→「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ予約関連手続き」
楽天モバイル 24時間 my 楽天モバイルのメニュー→「契約プラン」→「その他のお手続き」→「他社へのお乗り換え(MNP)」

MNP予約番号は発行から15日間が有効期限ですが、UQモバイルでは「MNP予約番号発行から5日以内の申込み」が必須条件になっています。

発行されたらすぐに申し込みを行うようにしましょう。

SIMロック解除も忘れずに!

現在ドコモやソフトバンクでスマホを買って使っている方は、手持ちのスマホが多くの場合「SIMロック」のかかった状態です。

ドコモは2021年8月27日以降発売の機種がSIMロック解除なし、ソフトバンクは2021年5月12日以降に買ったスマホはSIMロックがかかっていません。

SIMロックはオンラインから無料で解除できるので、忘れず行っておきましょう。

ドコモ・ソフトバンクのSIMロック解除方法
ドコモ My docomoの「お手続き」→「解約・その他」→「SIMロック解除」
ソフトバンク My SoftBankのこちらのリンクよりすぐ手続き可能

iPhoneやPixelは、手続きを終えれば自動的に端末側のSIMロックが解除されます。

乗り換え時は契約事務手数料3,300円と違約金等に注意

他社からUQモバイルへ乗り換える場合は、契約事務手数料が3,300円かかります。

また乗り換え前のキャリア等では基本的に満額の月額料金が発生、UQモバイル側では初月日割りで月額料金がかかります。

大手キャリアは古いプランも含めて違約金が撤廃済みですが、格安SIMを使っている方は公式サイトなどで金額を確認しておきましょう。

ドコモなどの他社からUQモバイルへの乗り換え手順

引用)UQモバイル公式HP

ドコモなどの他社やpovo2.0からUQモバイルへ乗り換える場合は、SIMカードや購入する端末を選んだ際に契約方法を「他社から乗りかえ(MNP)」にして手続きを進めましょう。

画面の指示に従って住所・氏名や支払い方法、MNP予約番号などの情報を入力、本人確認書類をアップロードして手続きを終えましょう。

審査が完了次第、SIMカードが発送されます。

最後に回線切り替えとAPN設定も忘れずに

SIMカードが届いたら、最後に回線切り替えを行って新しいSIMカードを使えるようにしましょう。

引用)UQモバイル公式HP

手続き内容はauやpovoからの乗り換えと同じで、注文履歴ページで「UQ mobileのお客さま 新規契約・他社およびau・povo1.0・povo2.0から乗り換え」を選びましょう。

引用)UQモバイル公式HP

あとは指示に従ってauIDや注文番号+パスワードを使ってログインし、「回線を切り替える」ボタンをクリックすれば新しいSIMが開通します。

スマホのSIMを入れ替えたらAPN設定をすれば、通信や通話が可能になり乗り換え完了です。

乗り換えでau PAY残高が還元!お得なキャンペーン特典を紹介


UQモバイルをオンラインから申し込めば、au PAY残高が還元されるキャンペーンが開催中です。

▼▼申し込みはこちらから▼▼

https://manedia.jp/2bs9

<キャンペーン特典内容>

  • 新規のSIM単体申し込みで3,000円相当還元
  • 乗り換え(MNP)・増量オプションII加入のSIM単体申し込みで10,000円相当還元
  • 乗り換え(MNP)・増量オプションII未加入のSIM単体申込みで6,000円相当還元

eSIMで契約すれば、さらに3,000円相当が増額されます!


スポンサーリンク