保険を見直すべきタイミングはいつ?《悩み・ライフステージ・年代のリスク》別にご紹介!

保険を見直すべきタイミングはいつ?《悩み・ライフステージ・年代のリスク》別にご紹介!

もしものときも安心の大事な保険。

見直しするタイミングについて考えてしまうことってありますよね。

「保険に入ってはいるものの、ずっとこのままでいいのかな」と思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、保険を見直すべきベストタイミングを紹介します。

  • ライフステージが変化した
  • 保険料が家計を圧迫している

特に上記に当てはまる人は即見直しをするに越したことはないので、ぜひチェックしてみてくださいね。

保険の見直しっていつすればいいの?」
と思ったら
▼「保険コネクト」で無料診断▼

保険コネクトLP

「見直しのタイミングについて相談したい」
「無料相談って勧誘されそうで怖い‥‥」

と思っている人におすすめなのが、保険のプロサポートしてくれる【保険コネクト】

生命保険の取り扱い社数が多く、希望に沿ったプランと最適な切り替え時期のアドバイスをしてくれます。

厳しい評価基準に合格した保険のプロのみが在籍しており、独自のイエローカード制度を設けているのでしつこい勧誘は一切なし
※イエローカード制度:勧誘や営業のあったFPは公式HPに掲載しないペナルティ

保険を見直す前の相談として、自信をもっておすすめできます◎

\チャットでの相談もOK!/
保険コネクトで相談 まずは簡単WEB申込み!
相談だけでプレゼントも♡

こんな人はすぐに保険の見直しをすべし!【見るべき4つのタイミング】

保険に入っている方の中で以下のどれかに当てはまっているのならば、なるはやで見直しを検討しましょう。

  1. ライフステージの変化
  2. 保険の満期終了・更新時
  3. 年代の節目
  4. 保険料を負担に感じた時

以下で詳しく解説していきます。

タイミング①ライフステージの変化【結婚・出産・自宅の購入】

保険を見直す大きなタイミングはライフステージの変化ごとに!(結婚・出産・社会保険を外れる・マイホーム購入)

結婚・出産で家族が増えた時、自宅を購入した時などライフスタイルに変化あったときは、見直しをする絶好のタイミング。

  1. 結婚、出産した時
  2. 社保から国保に切り替わった時
  3. 住宅を購入した時

上記の人はしっかり読み進めてくださいね。

保険状況も含めてチェックしてみてると、保険料に無駄がなくなるよ。

1.《結婚、出産》した時

方働きと共働きで見直しのタイミングが違うので、下記を参考にしましょう。

  • 結婚(子どもはいない)
    方働き…扶養家族の生活を保障できる保険が必要
    共働き…継続している保険があればそのままでOK
  • 出産(子どもが増えた)
    ⇒子どもが不自由なく生活できる分の保証が必要

結婚をしてどちらかが方働きになった時・子どもが産まれた時は、保険は見直すべき。

自分に万が一のことがあったときでも、扶養している家族が不自由なく生活するためには相当のお金が必要になります。

貯蓄でなんとかできる額ではないので、ここが保険の出番です。

子なし共働きの場合は、気になるなら保証を見直す程度でOKだよ。

2.《社保から国保》に切り替わったとき

家庭に入った、仕事を独立して社保を抜けたも見直しのタイミングです。

会社をやめて社保から国保になったとき以下(社保)の保証がなくなります

  • 会社を病気や出産で休んだときの手当や保険料の免除
  • 出産手当金の支給
  • 扶養手当

子どもがある程度大きくなった段階で仕事を始めようと考える人は、在宅ワークを選択肢に入れる人もいるでしょう。

その場合は国保になることがほとんどなので、万が一のことがあったときに社保の保証を補える保険への加入がベターです。

3.《マイホーム》を購入したとき

マイホームを購入する際、ローンを組んだ人は見直しがマストです。

住宅ローンを組む際には団体信用生命保険(※)に入るため、加入している生命保険と重複している保証がある場合も。
(※)団体信用生命保:住宅ローンの返済中に死亡などで返済ができなくなった場合、残りの住宅ローンが弁済される保障制度。住宅ローンを組んだ時にセットで加入。

その場合は余分な部分を削ってしまった方が、毎月の保険料を安くできる可能性があります。

保証内容の確認のためにも一度見直しをするようにしましょう!

タイミング②保険の満期終了・更新2ヶ月前

更新・満期終了の2か月前から見直しを考えよう!

保険の満期終了・更新の期間が近づいている人は、見直しのタイミングです。

保険は保証期間が決められているものと、保証が一生涯続くものの2パターン

決められているものは期間が過ぎれば満期終了となり保証がなくなってしまうため、更新をするか契約を終了して新しい保険に入り直すかを検討する必要があります。

ここで保険料を安くするチャンスなので、下記を確認した上でしっかり見直しましょう。

【更新・満了時の切り替え前に確認すべきポイント3つ】

  • 更新しても保険料は値上がらないか
    ⇒高くなるなら他社、他プランを検討する
  • ライフプランに沿った納得できる内容か
    ⇒保障内容・支払い期間は需要(保証)と供給(支払い額)が見合っているか検討
  • 健康状態に不安がないか
    ⇒更新するか検討
    ⇒満期終了させてしまうと、再度保険に入れない可能性がある

更新する場合も新しく保険に入る場合も手続きには期間が必要なので、保証が切れる(更新月)の2か月前を目安に検討をしてみてくださいね。

タイミング③《20・30・40代》年代の節目で見直す

20代、30代、40代で見直し!40歳から急激に保険料が値上がる

ライフスタイルの変化以外でも20歳、30歳、40歳…といった区切りのよい年齢で一度見直してみるといいでしょう。

年齢が上がるごとに病気のリスクも増えるため、保険料も値上がります。

  • 保険料は無理なく払っていけるか
  • 今の保証内容
  • この先どんな保証が必要なのか
  • 不安に思っていること

上記のことをよく考えながら自分の状況と保険の内容が一致しているか、いつまで保証が続くのか確認しながら慎重に検討してみてください。

一般的には40代になると保険料が急激に値上がるといわれているので、その前に手を打っておくとベターです。

保険の手続きには時間がかかるから、誕生日(年齢が変わる)2~3か月前に検討しよう!

タイミング④保険料を負担に感じたとき

保険料を負担に感じたら即見直すこと!!

毎月の保険料が家計を圧迫しているなら、ライフステージの変化や年齢関係なくすぐに見直しを考えるべきです。

じっくり考えて入った保険でも数年たって状況が変わると保険料を支払うのがきつい、と感じるのはよくあること。

毎月の支払額を減らすことや、一時的に払込を止めて保障を継続させる方法も検討できます。

  • 延長保険に変更する
    ⇒契約内容を変えて保険料の負担を少なくする
  • 支払い済み保険に変更する
    ⇒保険期間を短くする(一時的に支払いをストップさせる)
  • 解約する

保険は解約すると不利になることが多いので、よく考えてから決めるようにしてくださいね。

また一次的に支払いが難しいのか、継続的な支払が難しいのか考えて選択すると後悔もありませんよ◎

初めて保険を見直すなら保険見直しサービスでプロに無料相談すべし!

見直しをした方がいいのは分かったけど、一体何をしたらいいの?と思う人も多いはず。

そんな保険の悩みは、保険見直しサービスでFP(フィナンシャルプランナー)をはじめとしたプロに相談することが解決の近道です!

取り扱っている複数の保険の中から比較検討して、希望やライフプランに合った保険をアドバイスしてくれます。

勧誘ナシ無料で相談できるので気になる人は以下をチェックしてみてくださいね。

マネディアイチオシ!【「保険コネクト」はハイレベルなFPに相談できる】

保険コネクトLP

自分に合ったプランナーとマッチングし、希望する場所まで訪問にきてくれる【保険コネクト】

自分で探すより格段に早く最適な保険を見直し、案内してくれます。
お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を持った人もいるので、相続など保険以外のお金の相談もOK◎

難しい保険の内容を分かりやすくかみ砕いて話してくれるおかげで、納得した上で切り替えられるのもポイントです!

さらに今なら、相談するだけで必ずもらえる美味しいプレゼントが。

選べる食品ラインナップはこちら
  • 手羽元カレー
  • 王将ラーメン
  • ミネストローネ
  • 豚汁

もちろん相談は無料なので、保険やお金のことで少しでも気になることがあればこの機会に申し込んでおきましょう◎

\WEBでカンタン申込み
保険コネクトで相談 見直しが初めての人も安心◎
相談無料で勧誘ナシ!

「他の保険見直しサービスもチェックしたい!」っていう人は以下のページもチェックしてね!

保険の見直しサービスランキング

保険の見直しを考えている人必見!【無料で相談できる保険見直しサービス9社を紹介】

2019年12月20日

そもそも保険を見直すべき理由って何?【得られる3つのメリット】

保険を見直すメリットは3つ!保険料が安くなる、今の生活と保障の内容を一致させる、保証内容が再確認できる

保険料を見直すメリットは3つ

  1. 保険料を安くできる可能性がある
  2. 今の生活に合った保証が見つけられる
  3. 保証の内容を再確認できる(より安心できる)

以下でそれぞれ詳しく説明していくので、保険料を少しでも安くしたいと考えている人は要チェックです。

【メリット1】保険料が安くなる

保証内容を見直すことで重複したり不要になった保証をそげ落とせるので、保険料そのものを安くできる可能性があります。

また社会情勢や医療制度の変化によって保証内容も変化しているため、加入時よりも料金が安くなっていたり特典が付けられていることも

そこで新たにできたプランと組み直すことで保険料をカット!
年間平均約4万円も安くなると言われているので、定期的な見直しは欠かさず行いましょう。

2018年4月、11年ぶりに保険料が改定されて値下げ!
それ以前に保険に加入していた人は見直しがオススメだよ。

【メリット2】今の生活に合った保証が見つけられる

加入時にはピッタリ合ってたプランも、加齢やライフプランによる変化で少しずつ保障内容が生活にズレがでてきます。

合わなくなった保障を追加・削るなどすることでピッタリ合った保障に変更できるんですね。

特に一社専属のプランナーから保険に加入した場合は、複数の保険会社を扱う保険の窓口に相談がベター。

各保険会社から自分の希望やライフスタイルにぴったり合ったプランを探してもらえるでしょう。

【メリット3】現在の保証の内容を再確認できる

数年も経てば具体的にどんな保証だったか忘れてしまうことも多いため、定期的に見直すことで保証の内容を確認できます。

合っている場合はそのまま継続すればOKです。

保険の一番の目的は「もしもの時も安心して生活できるようにする」こと。
保険の窓口で相談した場合も無理に新たな契約を勧めることはないので、安心してくださいね。

保険の窓口はあくまでも一人ひとりに合ったプランを提案してもらう場所だよ。
気になることがあったら相談だけでも大丈夫!

医療保険の見直しに必要なこと教えますよ!

医療保険は見直せば1万円近く節約できる!損をしないための見直しの必要性やタイミングをまるっと解説します

2019年10月15日

保険を見直す主なタイミングは大きく分けて3つです。

  1. ライフプランの変化
  2. 年代の節目
  3. 契約の更新・満期終了時

これ以外にも保険料を負担に感じたら、いつでも見直しをしましょう。

生活や年齢の変化とともに必要な保険も変わってきます。

保証と支払いのバランスを考えて、ムリなく安心して過ごせる保険にしてくださいね。

▼少しでも保険を見直すべきだと思ったら▼
★無料で相談できる保険見直しサービスをチェックする!★
※タップでマネディアがおすすめする保険見直しサービス7社を紹介します

見直しをしたいけど、直接面談はめんどくさい…と思っている人はコチラを見てね~

【アプリで保険の見直し”パシャって!保険診断”】特徴や口コミを総まとめしました♪

パシャって保険診断の口コミ・評判まとめ!無料で保険を見直せる最新アプリに迫る。

2020年2月27日

スポンサーリンク