医療保険は見直せば1万円近く節約できる!損をしないための見直しの必要性やタイミングをまるっと解説します

医療保険は見直せば1万円近く節約できる!損をしないための見直しの必要性やタイミングをまるっと解説します

今加入している医療保険は、本当に「今の自分」にマッチしていると思いますか?

医療保険は見直しもせずに同じプランを続けると、

  • 無駄に医療保険料を払う
  • ニーズに合わず万が一の時に保障が役立たない
  • 最新医療サービスを受けられない

といった損をしてしまいます‥!
医療保険は医療技術の変化やライフステージによって、自分にあったプランを選ばないと加入している意味がありません。

 

逆に一度保険を見直せば、プランによっては月々1万円近く節約できることもあるんです!

特に30代〜40代は医療保険の見直しを考えるべきタイミング。

当ページでは医療保険見直しの必要性から見直しのポイントをお伝えします。

「保険料高くないかな」「ずっと同じ保険に加入しているな」という方は、損のない医療保険を選び直してみましょう。

 



\保険の見直しなら「利用者の96%が満足した」保険見直しラボがオススメ!

保険見直しなら「保険見直しラボ」がおすすめ!

「保険の見直しってやったことないし何から始めたらいいかわからない・・・」
「そもそも自分が保険を見直すべきなのかもよくわからない・・・」

保険会社を見直そうか検討している方は、無料保険見直しサービスの「保険見直しラボ」への相談がおすすめ!

プロのFP(ファイナンシャルプランナー)のアドバイスを無料で受けられるので、お金を気にせず相談できます◎
医療保険や介護保険はもちろん、損害保険や相続・資産運用のことまでお話を聞けますよ。

 

相談の後は最短10分ほどでマッチングしてくれるので、家事や仕事で忙しい人でも相談しやすいのがポイント◎相談場所は全国に70ヶ所以上あるため、地方にお住まいの方でも利用できます。

 

そして何より顧客満足度が96.8%とかなり高いことが、「保険見直しラボ」をおすすめする一番の理由です^^

実際に保険会社を乗り換えなくとも、「まずは相談だけしてみたい‥」という気持ちがあるならば、ぜひ無料相談してみてみましょう!

\たった1ページ、5分で無料相談申し込み完了!/

保険見直しラボで無料相談する!保険相談+アンケート回答で
「北海道産ゆめぴりか」or「雪室熟成豚」が当たる!

【保険見直しラボの評判・口コミ!】保険プロに無料で相談できる訪問サービスの実態に迫る。

【保険見直しラボの評判・口コミ!】保険のプロに無料で相談できる訪問サービスの実態に迫る

2020年1月9日
運営企業の「Jリスクマネージメント」はプライバシーマーク付与事業者

個人情報の取り扱いはしっかりしてて外部に漏れたりすることは絶対ないから安心してね^^

本当に医療保険の見直しは必要?チェック項目で確認!

どれか1つでも該当する場合は医療保険の見直しがおすすめ!

まずはじめに本当に医療保険の見直しが必要か、チェックシートで確認してみましょう。

下記のどれか一つでも該当するなら、医療保険の見直しを検討してみてください。

  • 契約者が「自分の親」になっている
  • 保険料が収入に見合っていない
  • 結婚して配偶者ができた
  • 子どもが生まれた
  • 最新の保険プランと内容に差異がある
  • 不要な特約が付いている
  • ライフスタイル・健康状態に保障内容が合っていない

このようにライフステージの変化が、主な医療保険見直しのタイミングともいえます。

学生時代や新卒時代に医療保険に加入した方は、契約者が親になっている可能性が。
契約者が親になっている方は、自分名義の契約ついでに見直してするといいでしょう。

また結婚や子どもの出産など配偶者絡みには、家族向けプランがあります。
家族型なら1つの保険に夫婦の保障が備わっているので、管理しやすいです。

古い保険プランだと、時代に合った医療保障を受けられなかったりするよ。

特に「30代〜40代」は医療保険見直しのベストタイミング!

30代は医療保険を見直すベストタイミング!

先述のチェック項目に当てはまっていなくとも、30代〜40代に差し掛かった方は医療保険の見直しをおすすめします。

【30代〜40代で医療保険を見直すべき理由】

  • 体調の変化が出やすい年齢
  • 結婚したり子どもが生まれていたりする
  • 加入当初にくらべ保障内容が変わっている可能性がある

30代を超えると、病気の発症率が高まりやすくなります。
例えば以下のように、ガンの発症率は30代を超えたあたりからぐんぐん上昇。

30代を境にガンの発症率が上がる引用:国立がん研究センター「最新がん統計」

ガンをはじめとする3大疾患に備えて、30代〜40代に医療保険の見直しが必要なんですね。

また30代以降は結婚や子供の出産が増えていきます。
配偶者の健康も見越したプラン加入を考えておけば、家族で健康を維持できるというわけです。

最近では医療技術が目まぐるしく進歩しているよ。だから医療保険の内容も数年単位で変わりやすいんだ。

\保険の見直しは早いほどおトクです!!/
保険見直しラボで無料相談する!
※公式HPから無料相談を申し込めます

保険の見直しベストタイミングを紹介

保険を見直すべきタイミングはいつ?《悩み・ライフステージ・年代のリスク》別にご紹介!

2019年12月27日

医療保険見直しの必要性は”3つの利点”にあり

医療保険の見直しの必要性について、もっと具体的にここからはお伝えしていきます。

【医療保険を見直すことで得られる利点】

  • 時代のニーズにあった保険内容を選べる
  • 保険料を安くできる可能性がある
  • ライフステージに最適な保障を受けられる

医療保険で損をしないためにも、きちんと見直しの利点を把握しておきましょう。

①時代のニーズに合った保険内容を選べる

日々医療技術は進歩している!医療保険も最新のものを!

上述でお伝えしたように、医療技術の進歩にともない医療保険の内容も変化します。

例えば近年では医薬品の進歩も相まってか、入院日数が10日以上も減っている傾向に。
※参考:保険相談サロンFLP

そのため従来のような「入院1ヶ月で入院保障」といったプランが意味をなさなくなっているというわけです。

また以前では高額だった治療も、医療発展によって今では治療費が低額化。
このような治療費の変化によって、医療保険料が安くなる可能性もあります。

ライフステージの変化に合わせて保険を見直さないと、時代のニーズにあった医療保険を受けられるとは限らないんですね。

通院治療も増えてきているから、通院保障をプラスするなどの見直しが大切だよ。

②不要な保障プランを除けて保険料が節約できる

自分の健康状態や将来を考えて適切な保険プランを検討しよう!

医療保険に加入して長いと、不要な保障プランが何となくわかってきます。

不要なオプションプランをカットすることで、場合によっては医療保険料を節約できるはずです。

若いうちに加入すると、プランが複雑なので「あると助かるかも」というオプションもありますよね。
そういった無駄なオプションを判断するためにも、医療保険の見直しは重要。

保険料を見直していけば毎月の支払い額が減るので、日々の生活がちょっぴり豊かになるでしょう。

③ライフステージに最適な保障を受けられる

結婚や子供の誕生、転職などの節目で見直すべき!

上述したとおり、医療保険には家族向けのプランもあります。
結婚や出産といったライフステージごとに保険を見直すことで、家族にとって最適な保険に加入できるのも利点の一つ。

たとえば以下のように子供や自分の収入状況に影響してきます。

  • 子供のために医療保険と学資保険の二本立てを考える
  • 自分の今の収入に見合っていないと保険料が首を絞める

子供の将来の学費のために医療保険だけでなく、学資保険を備えておくとしましょう。
保険を二本立てで考えると、保険料のバランスが重要です。

また転職や昇進で収入に変動が起こりやすいのも30代〜40代のタイミング。
収入に保険料が見合ってなければ首を絞めますし、プランが最適でなければ十分な保障を受けられません。

ライフステージごとに自分や家族をサポートしていくためにも、医療保険を見直してみてください。

\ライフステージにあわせて無料で相談!/
保険見直しラボで無料相談する!
5分あれば無料相談を申し込めます!
保険相談+アンケート回答で「北海道産ゆめぴりか」or「雪室熟成豚」があたります!

ここをチェック!医療保険の見直し方のポイント4つ

医療保険の見直しに踏み出す時は、以下の4点を特に意識して加入プランを選んでみてください。

  • 入院保障などの内容がマッチしているか
  • 特約を後から追加できるか
  • 返戻金を取るか掛け捨てを取るか
  • 全期型よりも終身型

上述でもお伝えしたように、医療技術や医薬品の進歩で入院日数は減ってきています。
あなたの健康状態を考慮しながらプランを見直せば、ムダなく最適な保障を受けられるはずです。

また特約が後からつけられるプランなら、将来的に見直しの手間が省けるのもポイントといえます。

①入院・通院による保障内容がマッチしているか

入院と通院どちらがおトク?

現在加入している医療保険の入院保障や通院保障がマッチしてないと感じたら、入院・通院保障の内容を再検討しましょう。

例えば「120日入院保障」というプランに加入していても、加入から1回も入院してなければ意味なし。
入院を30日保障などに減らして、通院保障に割り当てた方がお得になりやすいです。

会社での健康診断の結果なども参考に、入院・通院の内容を検討してみましょう。

②特約を後から追加できるメニューを選ぶ

どんな特約をつけれるか加入時に確認しておこう!

医療保険を見直すときは、特約が追加できるプランかどうかもチェックしておきましょう。

特約とは簡単にいうとオプション(条件)のようなもの。
ベースとなる医療保険プランに、あとからオプションをつけられるメニューもあります。

「今すぐ必要ではないが、将来的に必要になるかも」という特約でも、後から追加できると助かりますよね。

しかも特約が追加できるメニューがあれば、改めて医療保険を見直すときもカンタン。
今加入しているプランに特約を追加するだけで、その時々に最適なプランにカスタムできます。

10年後にまた保険を見直すのが面倒なら、特約が追加できるかも視野に入れておきましょう。

③返戻金とるか格安の掛け捨てタイプをとるか

解約返戻金があるかどうかは大きな違い!

返戻金タイプ」にするか「掛け捨てタイプ」にするかというのも、保険料の負担を考える上で重要な要素です。

【返戻金・掛け捨てタイプの違い】

  • 解約返戻金
    ⇒保険料が高いが、解約時に積み立てた保険料の一部が返ってくる
  • 掛け捨て
    ⇒月々の保険料が格安だが、解約時に返戻金がない

たとえば、将来的に別プランに再加入することを考えるなら返戻金がもらえるタイプがいいでしょう。

一方で、特約追加ができるタイプで新規加入を考えていないなら掛け捨てタイプを選ぶ手もあります。

保険料で損しないためにも、子供の出産を考えているかなどの将来設計を踏まえて保険タイプを選んでみてください。

④時代のニーズ的には終身型を検討すべき

終身型なら60歳以降も保障される!

医療保険には保障期間の中でも2タイプがあります。

  • 【全期型】定年までの期間だけ手厚く保障する
  • 【終身型】一生涯保障を受けられる

健康状態や将来設計にもよりますが「人生100年時代」といわれる現代では終身型の方が安心かもしれません。

現在の平均寿命は80歳前後とされていますが、40年後には90歳前後になると予想されています。
※参考:内閣府

つまり定年後でも20年以上の余生が待っているということ。
もちろん高齢の方が受療率はあがるので、この定年後もきちんと保障を受けられる方が安心ですよね。

満期になってから検討するのではなく、カラダが健康に動くうちに最適なプランを見直しておきましょう。

初めての見直しなら「保険見直しサービス」でプロに相談してみる

初めて医療保険の見直しを検討しているなら、「保険見直しサービス」でプロに直接相談してみましょう!

保険見直しサービスとは保険のプロ(フィナンシャルプランナー)が、

  • 家族構成
  • 病歴
  • 収入や仕事内容
  • 加入中の保険内容

といった基本情報からあなたに最適な医療保険を提案してくれるサービス

最適な保険会社やプランを提案してくれるので、自分で医療保険をリサーチする手間がありません。
しかも保険見直しサービスは、相談無料で受けられる場合がほとんどです。

医療保険のプランや変更は複雑なのがネックですよね…。
「自分で保険を見直してプランを変えたのに全然安くならなかった・・・」ということにもなりかねません。

医療保険で損をしないよう、プロにお願いして最適なプランを提案してもらいましょう!

保険を見直したいなら【保険見直しラボ】がおすすめ!

保険見直しなら「保険見直しラボ」がおすすめ!

初めて保険を見直すという方は、保険見直しラボがイチオシです!

相談手数料や申込料金なしで、保険の見直しについて無料で相談できます

【保険見直しラボの安心ポイント】

  • 平均業務年数12.1年とベテランのコンサルタントからアドバイスをもらえる
  • 全国70ヶ所以上の代理店にて相談できるため気軽に通いやすい
  • 満足度アンケートで96.8%のユーザーが「満足した」と回答

保険見直しラボでは、31の保険会社を組み合わせて最適な見直しプランを提案します。

「保険って仕組みが分かりにくくて自分で見直しするのは面倒…」
「医療保険・損害保険に入ってるけど両方とも安くならないかなぁ…」

保険はとても複雑な仕組みなので、プロがアドバイスをくれるのはありがたいですよね。

もちろん、すぐに見直しをせずとりあえずアドバイスだけもらうのもOK
過度な勧誘などがあればコンサルタントを自由に変更できるので、安心して利用できますよ◎

\はじめて見直す人でも安心して利用できる!/
保険見直しラボで無料相談する!
5分あれば無料相談を申し込めます!!
保険相談+アンケート回答で「北海道産ゆめぴりか」or「雪室熟成豚」があたります!

■その他の保険見直しサービスが気になる方は以下もチェック!■

保険の見直しサービスランキング

保険の見直しを考えている人必見!【無料で相談できる保険見直しサービス9社を紹介】

2019年12月20日

損をしないための医療保険見直しの注意点

これから医療保険を見直される方は、見直し前に以下3つは最低限頭に入れておきましょう。

  • 健康状態によって加入できない可能性もある
  • 現在のプランに特約追加できる場合もある
  • 契約年数によって保険料は高くなる

【注意①】健康状態によっては新規加入できない

病歴によっては医療保険への加入NGということも

現在のあなたの健康状態では、加入できない保険プランもあるので気をつけてください。

たとえばすでに疾患がある・疾患の再発の可能性がある状態は要注意。
少ない保険料で保障を受ける確率が高いので、保険会社としては痛手です。

このような「保障の見込みがある人」だと、加入NGだったり保障金額が減る可能性があると覚えておきましょう。

【注意②】特約追加できるプランに加入している場合もある

特約が追加できるか事前にチェック!

現在加入しているプランが、特約追加できる可能性もあります
医療保険見直しの前に、特約追加の確認を忘れないようにしましょう。

他プランと保障内容に大きな差がなければ、特約追加するほうが手軽。
見直しの手間を省けて、必要な保障内容だけカスタマイズできます。

たとえば「健康診断で問題あり、先進医療特約を追加しておこう」などがいい例でしょう。

【注意③】契約年数によって保険料は高くなる

医療保険は加入者が年齢を重ねるにつれて高くなります

そのため加入当初は保険料が安くなっても、数年後に今のプランより高くなる可能性も否めません。
長い目でみて毎月保険料を支払える範囲かも検討すべきです。

医療保険の見直しでムダなく保障を受けよう

医療保険の見直しはメリットもたくさん!

若い頃だと意識しづらい医療保険ですが、30代を超えると自分にあった保険を選ばないとムダに保険料を払うだけ

ライステージ医療技術に見合った保障を見直すことで、しっかりと今後の人生をサポートできます。

◎医療保険見直しの必要性

  • 時代のニーズに合った保険内容を選べる
  • 不要な保障プランを除けて保険料が節約できる
  • ライフステージに最適な保障を受けられる

結婚した方やお子さんが生まれた方は、特に家族のことを考えた保険の見直しが重要。
うまく保険に加入すれば、今より安くて手厚い保障を受けられる可能性はグッと高まります。

冒頭でお伝えしたチェック項目も参考に、あなたの医療保険が今の自分にマッチしているか再検討してみましょう。

■マネディアイチオシ!保険見直しサービス7選■

保険の見直しサービスランキング

保険の見直しを考えている人必見!【無料で相談できる保険見直しサービス9社を紹介】

2019年12月20日

スポンサーリンク